活動報告一覧

ゆきとどいた教育をもとめる岡山県民の会が、請願を行いました。

11月30日にゆきとどいた教育をもとめる岡山県民の会が教育予算をOECD諸国並みに計画的・段階的に増やし、ゆきとどいた教育条件整備をすすめるよう、国に強く求めるなどの請願を、17,154筆の署名とともに提出しました。県議団は、紹介議員としてこの場に同席しました。
懇談の中では、教職員の多忙化解消には少人数学級が不可欠などの意見が出されました。

2017年12月01日

11月議会に向けて県政懇談会を行いました。

懇談会では、9月5日から始まった定例9月県議会について須増議員から報告しました。11月議会に向けて、メガソーラー問題や難病に対する補助制度に関して森脇議員から、国保運営や種子法、夜間中学などについて氏平議員から、それぞれ報告しました。
7団体の方々にご参加いただき、台風の影響で川底に溜まった土砂が放置されたままである件や、天満屋の地下通路で視覚障害者が通りにくくなっている事などが報告されました。これらに対して森脇議員から、各市町村で浚渫した土砂の捨て場所を確保すれば、作業に関しては県が行うとの対応をしているが、廃棄場所が確保できない市町村に対しては他の対応がないのか県に働きかけるとの発言がありました。また新しい建物を造る際には導線の確保などユニバーサルデザインを考慮するなどの対応が求められているのではないかとの発言がありました。

2017年11月22日

9月議会にむけて県政懇談会を行いました。

8月25日行った懇談会では、6月8日から始まった定例6月県議会について、国保広域化にともなう平均保険料率の発表について氏平議員から、倉敷市での障害者就労支援A型事業所閉鎖について須増議員から、加計学園の選挙法違反疑惑、大規模太陽光発電について森脇議員から、それぞれ報告しました。
11団体の方々にご参加いただき、太陽光パネルの岡山県下での設置状況についての質問や、教職員の病気・産休での補充代替が上手くいっていない、正規代替での配置を進める運動をしていく、などの報告がされました。
太陽光パネルの設置に関しては、森脇議員から県には規制の条例がなく、生態系調査なども実施されていないとの報告がされました。

2017年08月28日