活動報告

2021年8月23日 新型コロナウイルス感染症に関する申し入れをおこないました

要請では、症状に応じて必要な医療をすべての患者に提供することを求め、

①重症者以外を「原則自宅療養」とした政府方針の撤回をもとめること

➁臨時の大規模医療施設を設置すること

③医療機能を強化した宿泊療養施設を含めたさらなる病床確保と医療従事者への処遇改善

④軽症者・無症状者は基本的に自宅療養ではなく施設療養とすること、自宅療養者への医療的管理の強化としてパルスオキシメーターのさらなる確保を進めること

⑤抗体カクテル療法の登録病院を増やし、希望する患者へ実施できるようにすること

等を求めました。

 また、子どもの感染拡大が拡がっていることを踏まえ、2学期が始まる前の全生徒へのPCR検査の実施や部活動における対外試合の前後での検査実施等、検査の拡充を求めました。 

 

2021年08月24日

7月20日 住民本位の新型コロナ対策を求める署名を提出しました

『住民本位の新型コロナ対策を求める緊急署名』の第2次分を県へ提出しました。

デルタ株による感染拡大のもとでの第5波が懸念されいるなか、以下の施策を引き続き求めました。

 

要請項目

1、医療現場に人的・財政的支援、保健所体制を強化すること。コロナ対応病床、軽症者療養施設をさらに確保すること。

2、大規模な無料PCR検査を実施すること。医療機関、高齢者・障害者施設、学校・園の関係者に定期・頻回のPCR検査をおこなうこと。

3、学校では20人程度の編成で授業をおこなうことができるようにすること。

4、自粛と補償をセットで実施し、収入減による廃業・失業等が生じないよう地域産業、労働者、文化・芸術、県民生活を守る特別の対策を講じること。

5、ワクチンの安全・迅速な接種に責任を負うよう国に求めるとともに、市町村と連携し課題解決に力を尽くすこと。

6、オリンピック・パラリンピックの中止・再延期を国に求めること。

 

 

 

2021年07月20日

5月14日 新型コロナ対策に関する申し入れをおこないました

まん延防止等重点措置の適用後、緊急事態宣言の発令が決まりましたが、県下では感染が拡大が進み容体が悪化した陽性患者の入院先が見つからないなど県民の命を守れない危機的な状況となっていることから、病床確保など医療体制の強化やPCR検査の拡充などを求めて要請をおこないました。

2021年05月14日
» 続きを読む