PFAS(有機フッ素化合物)に関わるパブリックコメントが募集されています (3月7日まで) 

 食品安全委員会がPFAS(有機フッ素化合物)に係る食品健康影響評価の評価書案を示し、2月7日からパブリックコメントの募集を開始しています。
 評価書案で示された許容摂取量20ng/kg/日は、米国や欧州と比べて著しく高い値(PFOAについて米国の666倍、欧州の64倍以上)となっています。また、昨年WHOの国際がん研究機関(IARC)が「発がん性がある」としたPFOA(PFASの一種)について、評価書では「証拠は限定的」とし、発がん性を認めていません。
 岡山県では昨年、吉備中央町の円城浄水場で高濃度のPFASが検出され、水道水を供給されていた住民27人の血液検査からは、高濃度のPFAS(PFOA平均171.2ng/mL)が検出されています(2021年環境省が発表したモニタリング調査平均は2.2ng/mL)。国民、県民の命と健康を守る立場にたった評価書の策定が必要です。

 パブリックコメント 要点 (多摩地域の有機フッ素化合物汚染を明らかにする会)

 パブリックコメント サイト(食品安全委員会)


 

 

新着情報

2024年02月20日
3月の無料法律相談のお知らせ
2024年02月15日
PFAS(有機フッ素化合物)に係る食品健康影響評価 パブリックコメント
2024年02月13日
2月6日予算総括協議会で森脇議員が質問をおこないました
2024年02月09日
2024年度予算編成あたり、知事へ要望をおこないました
2024年01月26日
2月の無料法律相談のお知らせ
» 続きを読む